Green Foods Corporationの「Green Magma」 ローのグリーンジュース 日本よりもかなり安い

私が毎回毎回購入しているグリーンジュースのパウダー「Green Magma」。Green Foods Corporationが販売する有機大麦若葉の生青汁のパウダーです。

元々は、薬局で販売されていた「グリーンマグマ」という青汁のパウダーを飲んだのが最初。

青汁らしくないすっきりとした味と「生(ロー)」であるという所が気に入り続けようとはしたものの、家族で飲むとなるとかなりコストがかかってしまうので中々続けにくく・・

そんな時にiHerbで「Green Magma」を発見。最初は同じものだと気が付かなかったのですが、色々調べてみるとパッケージは異なるものの中身は同じものだという事がわかり、それ以来欠かせない製品の一つとなりました。(製造元は日本向けはグリーンフーズジャパン、海外はGreen Foods Corporation)

日本のグリーンマグマは高いけれど、海外向けのものは半額以下位の値段で買えるのがありがたいです。

連れは朝のみ、私は朝晩飲んでます。このペースで、大体1か月で300 gサイズのボトルを2個~2個半位消費する感じです。




グリーンマグマにはビタミンやミネラル、アミノ酸やフラボノイド他、100以上もの栄養素が含まれているそうです。

一般的に販売されている粉末タイプの青汁は加熱したものが大半ですが、このグリーンマグマは加熱しないローの状態。

しかも大麦若葉を乾燥・粉砕させたものではなく、大麦若葉の絞り汁を低温噴射乾燥させて作っているのだそうで、熱に弱い酵素などの栄養素が生きています。

元々、青汁を沢山絞って飲む習慣があったのですが、3.11の地震以後、青汁にできるような青野菜を沢山手に入れる事が難しくなったので(関東方面に住んでいます)、これを代わりに飲むようになりました。




作った青汁。
いつも、120mm位の水にグリーンマグマを大匙1杯半~2杯くらい入れて、別の製品についていたシェイカーを使って作っています。とても溶けやすいのでもっと濃く作る事もできますが、この位が自分にとって一番おいしい配合です。

ちなみに、シェイクすると泡立つのは酵素が生きている証拠だと書かれているのを良く見かけるのですが、自分で絞った青汁はシェイクしてもそのようにならないので、どういう根拠でそう言われるのかは不明。

ただ、加熱タイプの粉末青汁ではこのような泡は立たないので、そうなのかなとも思います。自分的には、飲んで効果を実感しているという感じです。体のだるさにとても効果がありました。



そのような感じで、iHerbでグリーンマグマを購入するようになってからというもの飲まない日はありません。

旅行などにも別容器に粉を入れて持って行ったりしています。冷たい水でも溶ける所が良いです。(熱いお湯は青汁の酵素が死んでしまうので厳禁)

青汁でありながら特有の苦みなどもないため、青汁初心者さんにもおすすめ。本当に良いので、友人などにもおすすめしまくっています。


なお、Green Magmaにもいろいろ種類があり、果汁の粉末を加えたGreen Magma Plusという製品も試したことがあるのですが、甘味料にステビアが使われおり、顔をしかめてしまう位の甘さ。

味覚にの違いによって合う合わないがあると思いますが、私的にはPlusの方はお勧めできません。1杯飲んだきり、棚の奥にお蔵入りです。それくらい不味かった・・





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事







pagetop
管理人お勧めのアイテム
サイト概要

Copyright © 2013 - iHerb LOG. All Rights Reserved.
Designed by ykr414.